Sho Bok Si “RE FRAMING”

  • "Olieve Series" by Sho Bok Si

瀟木子 個展「RE FRAMING」
5 月 1 7 日( 金 )→ 6 月 2 日( 日 )
会 期 中 | 火 水 木 休 み
11:00-19:00
MICHIO OKAMOTO WAREHOUSE

自然造形はなぜこんなに美しいのでしょうか。
生きている木には、成長過程で生まれる複雑な枝の広がりや
様々な表情の樹皮の質感、色合いなど、美しい現象が存在しています。

瀟木子の作品の素材は、オリーブの木の間伐材です。
伐り出された木材からは、木本来の美しさは色褪せ、感じ取ることは出来ませんが、
間伐材の枝にスプーンの形を当てはめ、人為的に加工を施す事で、
木の美しさ・特徴を鮮明に表現しています。

制作の思惑は、見慣れた形を通して、
日常あまり気に留めない存在にあらためて目を凝らしてみることです。
スプーン型をフレームとして、その先に現れた美しい造形。
ひとつとして同じものはないオリーブの作品群。
皆様にご覧頂ければ幸いです。

瀟木子 / ショウボクシ
木工作家さかいあつしとして岡山県牛窓の穏やかな地でギャラリー工房「匙屋」を営む。
20年以上に渡り実用的な木製スプーンを制作。
昨年より、スプーン型をフレームとして木の造形・質感にピントを合わせたオリーブシリーズ
における作家名を「瀟木子(ショウボクシ)」とする。

岡本道雄
北欧・ヨーロッパのアノニマスなヴィンテージ家具を取り扱うお店、「MICHIO OKAMOTO WAREHOUSE」代表。
15年程前から作家の活動に注目し、広く世に知られていないが卓越した作家を探し出し展示会を開催。
作家の特性・可能性を活かした様々な企画を提案する。
企画展を手がけた作家は、古賀充、熊谷幸治、坂野友紀、冨沢恭子、増満兼太郎、
和田麻美子、小林和人(OUTBOUND)等他多数。

匙屋 MICHIO OKAMOTO WAREHOUSE

会期中イベント

[トークイベント | RE FRAMING]
瀟木子(匙屋)+古賀充(造形作家)+岡本道雄(MICHIO OKAMOTO WAREHOUSE代表)
日時:5月18日(土)18:00~20:00
定員制:要予約
参加費:1500円
※ 御菓子屋うえだ 展示会限定のお菓子とドリンク付

[ 実演会 | オリーブシリーズ ]
瀟木子によるオリーブシリーズの制作
日 時 :5月19日(日)13:00-17:00
定員制 :要予約
参加費 :無料

◯申込方法
→MICHIO OKAMOTO WAREHOUSE
MAIL info@michiookamoto.com
TEL 042-621-6380(*火水 休み)
※ご予約の際にお名前と参加人数をお知らせください。